導入事例

葛飾にいじゅくクリニック 様

クラウド製品を活用し、初期費用・維持費用の抑制に成功

  • クラウド製品

2020年7月に開業し、イベント主催やクリニック送迎、オンライン診療まで幅広いニーズにとことん寄り添う、葛飾にいじゅくクリニック。
クラウド製品を活用し、初期費用・維持費用の抑制に成功しました。

開業までの経緯をお聞かせください

このエリアで開業することを決めたのは、立地ですね。目の前が公園で、視界がひらけていて過ごしやすいのが気に入りました。
今はまだ一人で診療していますが、今後は専門の先生もお招きする予定です。

近隣クリニックと連携のご予定も?

つい先日、斜め向かいに小児科さんが開業しました。そちらの先生とご飯を食べたり、交流をしています。
なかなかご自分の通院時間が取れないという保護者の方もいらっしゃいます。例えば、お子さんを小児科で診ていただいた後、お母さんはこちらで診察という流れが出来たら良いなと考えています。

IMG_0147h

地域の中で担う役割など、どのようなビジョンをお持ちですか?

クリニックの掲げている理念として、一番が地域貢献です。開業医として、地域の人たちのプライマリ・ケアを担うのが必然だと考えています。
診療だけではなく、地域のみなさんに健康意識をもっていただくイベントも、地域貢献のひとつだと考えています。栄養講座やスポーツイベントなどを主催していますが、これからも積極的にやっていきたいと考えています。

送迎もやっているクリニックは珍しいですね

病院で送迎をしているところもありますが、クリニックではまだ少ないですね。
体の調子が悪い時に歩いたり電車に乗るのは、つらいじゃないですか。そういう時に利用してもらえたら、患者さんの助けになるかなと思って始めました。地域の幅広いニーズにお応えしたいと思っています。車は在宅医療にも活用していますよ。

IMG_0149

PACSは訪問診療での活用も考えて選んだのですか?

PACSも電子カルテも、在宅医療にノートパソコンを持参することを想定しています。オンプレミスも一部利用していますが、画像の保管にはクラウド型PACSを選びました。

クラウド型PACSを選んだ理由を教えてください

クラウド活用が当たり前になった今、なぜ院内にサーバーを置かないといけないのかと。他社の候補もありましたが、クラウド型PACSなのにサーバーが付属するのが納得できず、自分でクラウド型のPACSを探してSonicDICOMを見つけました。
サーバーは場所を取るだけでなく、保守費用や更新費用がかかるので、そういったランニングコストの面でも、クラウド型PACSにしたいという強い希望がありました。

14c177_ecb5f0982ee24ed2902e5cf2d600f792_mv2

SonicDICOMを導入して、どんな印象をお持ちですか?

ウェブブラウザで見られるので、使い慣れたパソコンで扱えるのが良いところですね。専用ワークステーションの購入などが不要なので、イニシャルコストも抑えられます。比較するメーカーにもよりますが、300~800万くらいはコストが抑えられたのかと。
パソコンスペックも要求が高くないので、導入のハードルはそこまで高くないですね。普通にパソコンを揃えたら、それに導入すればいい。今後導入する先生方も心配しなくて良いと思いますよ。

操作はどうですか?機能は足りていますか?

作り込んであって使いやすい、とても良い製品だと思います。困ったことは一度もないですし、ユーザーマニュアルを見ようと思ったこともないですね。
機能も今のところ問題なく、日常の診療でちゃんと使えているので100点満点です。

image

日本は消化器がんや消化器疾患が多いのでしょうか?

胃がんに関してはピロリ菌の除菌が進んでいて、減少傾向にありますね。大腸がんは肉食など食事の西洋化がひとつの要因だと言われています。
ストレスによって発症や悪化をする消化器疾患は、ここ10年くらいで身近になりましたね。どう予防するかはなかなか一概には言えませんが、薬も出てきたり、研究が進められています。
胸やけとか、お腹が張るとか、下痢や便秘のような症状に悩んでいる方もいらっしゃいますよね。病院に行くか迷う場合もあるかもしれませんが、良い薬も出ているので気軽に相談してほしいです。

image (1)

この程度で病院に?と迷う方へアドバイスをお願いします

具体的な定めはありませんが、日常生活に支障をきたすような症状があれば、検査や治療をする目安かなと思います。痛くて眠れないとか、仕事に行けないという支障があれば、すぐ病院に行った方が良いと思います。
他にも、水を飲んでも吐いてしまうような状態も、すぐ病院に行ったほうが良いですね。今では良い薬も多くありますので、迷わずにすぐに行った方が、ご本人も楽になると思います。

14c177_e3ce29554d6d4380a936269fba957342_mv2

オンライン診療はいかがでしょうか?

電話とZoomで診療をしています。特別な機材は必要ないですが、オンライン決済の手数料など、クリニック側の負担は少しありますね。
なかなか通院が困難であったり、待合室で他の病気に感染しないか不安だったり、さまざまな理由が背景にあると思います。在宅診療だけでなく、オンライン診療や通院送迎も含め、患者さん一人ひとりのご事情に寄り添って、少しでも楽になってもらえるよう、これからも幅広く対応していこうと思います。

image-1

葛飾にいじゅくクリニック

住所

〒125-0051
東京都葛飾区新宿6丁目2−15
シティテラスモール金町

URL https://www.niijukuclinic.com/
TEL 03-3600-7060
取材日 2020年9月

総合内科専門医
消化器病専門医
葛飾にいじゅくクリニック 院長
大賀貴文 先生

IMG_0147h